お客様に「安心」と「満足」を

業務部門では、品質向上、コスト削減、納期短縮、そして顧客データの管理が常に大きな課題となります。
お客様のご要望に最大限お応えする事はもちろんのこと、日々変更になる進行スケジュールや仕様変更、機械トラブルなどにも柔軟に対応し、ご依頼いただいたクライアント企業様に「安心」をしていただくこと、そして「満足」を感じていただけるよう日々業務に取り組んでおります。

メールの業務体制

INFORMATION
SYSTEM

メールの業務体制01

情報システム部門

万全のセキュリティのもと、高性能コンピュータと最新のソフトウェア、高速・高解像度多機能連続紙プリンター、インクジェットを導入し、短納期での大ロット印字、日々発生するデイリー印字、また、新たなシステム構築など、変化し続けるお客様のニーズに素早く、柔軟にお応えします。

設備

FUJI Xerox
495 J Continuous Feed

連続紙プリンター(モノクロ)。フラッシュ定着方式。
大量印字でも高速かつ安定した処理能力。両面印字が可能。

FUJI Xerox
DocuColor 7171 P

カット紙プリンター(カラー)。高精細・高画質。
オンデマンド印字をはじめ、用紙も上質紙、コート紙など、幅広い対応が可能です。

BUSKRO
インクジェット

カット紙インクジェット(モノクロ)。
速乾性のUV インクを使用しているので、裏移りもなく、雨に濡れても滲んだりしません。

Kodak
インクジェット

カット紙インクジェット(モノクロ)。
解像度が高く、オフセット印刷クラスの印字品質です。

セキュリティ

株式会社メールでは、会社内への入退館を全てICカードによって管理しています。
特に、機密性の高い情報を取り扱うエリアへの入退室は、第2、第3のゲートを儲け、より高いセキュリティレベルで厳重に入退出管理をしております。
館内は、全てモニターカメラによって24時間監視しています。

WRAPPING
DIVISION

メールの業務体制02

ラッピング・メーリング部門

本社DMセンターは、3F、4F、5F がラッピング工場になっており、ラッピングマシンを設置しております。1F、3F のメーリングフロアでは機械作業に不向きな小ロット、複雑な作業、機械処理のサポート業務などに対応しております。

設備

ペーパーラッピングマシン

ペーパーラッピングとフィルムラッピングの兼用マシンを、現在8台設置し、運用しております。各マシンに特徴があり、生産予定に応じて切り替えます。

フィルムラッピングマシン

フィルムラッピングとペーパーラッピングの兼用マシンを、現在8台設置し、運用しております。各マシンに特徴があり、生産予定に応じて切り替えます。

定形・定形外封入封緘機

定形用1台(最大8点封入)、定形外用1台(最大7点封入)の合計2台設置しております。洋0封筒から角2封筒まで対応します。

その他設備

その他、ラベリングマシン、大判圧着DM 加工機、折り機、多点丁合機、バースター等複数台設置しており、様々なニーズに対応できます。

品質

担当オペレーターによる人的チェック管理体制の運用を基本に、宛名検査カメラによるランダム番号検査、パターンマッチング検査、固定文字検査をはじめ、封入物の誤封入の対策には、厚み感知センサーやウェイトチェッカーなどの検査機器を導入しています。
すべての検査結果はログファイルで記録しており、万が一のトラブル時に検証が可能です。

PRINTING AND
PROCESSING

メールの業務体制03

印刷・加工部門

ペーパーラッピングをサポートする部門として、印刷・加工部門があります。
ここではペーパーラッピングで使用する封筒用ロール紙のフレキソ印刷及び窓加工、ミシン目加工、糊加工などの加工をしています。この印刷加工機は、国内に製造企業がないため自社で開発し、現在2台体制にて稼働しております。

設備

輪転加工機 1号機

ペーパーラッピング用の巻き取りロール紙に、窓抜き加工、糊付け加工、ミシン目加工、フレキソ印刷などを施す加工機です。

輪転加工機 2号機

こちらは、輪転加工機 1号機に対して広幅の設定になっており、ペーパーラッピング用のロール紙の2面付け加工が可能です。

自動倉庫

ペーパーラッピング用のロール原紙や、加工後のロール紙をストックするための倉庫です。
最大216パレット収納が可能です。

その他設備

その他の設備として、枚葉オフセット1C印刷機、A2断裁機を設備しております。

技術開発

この加工機は、ペーパーラッピングを実現するために開発した機械ですが、実際の加工作業自体も試行錯誤の連続でした。中でも糊加工は、巻き取りロール紙に糊を塗った後、再び巻き取るために、ブロッキングによる紙抜けが発生し、これには随分悩まされました。
いまでは様々な塗布方法を確立し、これがペーパーラッピングのバリエーションを広げる事につながっています。

ご依頼の流れ

01:打ち合わせ 約2日→02:スケジュール、お見積提出→03:ご契約 04:紙ラッピング・版下データ受領 約3日/宛名データ受領 約3日→05:校正確認 約6日/プログラム作成 約3日→06 印刷上り・加工 約3日/印字作業 約2日→07 ラッピング・封入作業 約3日→08:局出し→顧客